おみやげーと|あげたくなる「お土産、手土産」が見つかる!

自由が丘のパイ専門店『ボン・モマン』で買うべき5選!!

1,519 view
2019/3/5
箱を開けたときから美味しそうな香りが広がります
箱を開けたときから美味しそうな香りが広がります

こんにちは。ライターのコモです。今回は自由が丘にある老舗のパイ専門店「ボン・モマン」さんから「これは!」というものを選りすぐってご紹介いたします。毎日生地からひとつひとつ手作りしているパイは、中身によってパイ生地の食感が異なるこだわりよう!あま〜いスイーツ系から食事の代わりにもなるおかず系までそろっていますよ♪

バター香るサクサク&しっとり生地!ホームメイドの優しい味わいが特徴的なスイーツパイ♪

ボン モマン スイーツ系パイ
写真左からバナナレモンパイ、アップルパイ、クルミパイ

バナナレモンパイ(税込500円)写真:左

スイーツ系人気No.2のパイは、なんとバナナとレモンの組み合わせ! レモンパイはよく聞きますがそこにバナナを合わせているのは珍しいですね。キャラメリゼしたバナナの上にフレッシュなレモンを絞った特性メレンゲを乗せて焼いたパイです。

キュンっとした酸味のあるメレンゲの下に、やや青臭さの残るバナナのコンポートがたっぷりと敷き詰めてあります。レモンの酸味にバナナの特徴的な甘さは初めてながら不思議とハマってしまう魅惑の組み合わせです! ややクセのある中身をしっとりみっちりとしたパイ生地がしっかりと包み込むことで三位一体の美味しさが味わえます。爽やかな酸味が印象的なこちらのパイは一年を通していただきたくなりますね。

アップルパイ(税込540円)写真:中央

パイと言われて最初に思いつくのはやっぱりアップルパイですよね! ボン・モマンさんでも堂々の看板商品です。主役のリンゴには、酸味と甘さが絶妙なバランスの「紅玉」を使用しているのだそう。パイの中にゴロゴロと詰まっているリンゴはザックリと大きめに切られていて存在感がありました。少しフレッシュ感の残る火入れなので、シャクリとした食感とリンゴ本来の香りも感じられますね。

もちろんパイ生地にもこだわっていて、おおぶりなリンゴに負けないややみっちりとした食感のパイとなっています。噛むほどに生地の旨味とリンゴの酸味が絶妙にマッチして、人気No.1も頷ける美味しさです。紅玉そのものが持つ素材の良さを活かし、バターたっぷりの折り込みパイを合わせたパイはまず買って欲しい一品です!

クルミパイ(税込460円)写真:右

ナッツ特有の濃厚さが加わった奥深い味わいのアーモンドクリームに、キャラメルをまとわせたクルミ(フロランタン)を合わせたパイ。土台のパイ生地にはアップルパイやバナナレモンパイとは真逆の空気をたっぷりと含んだサクサクふわふわタイプのパイを使用しています。正直「濃厚なフロランタンにこの生地は負けてしまうのでは?」と思ったのですが、軽いながらも存在感のあるバターの風味があま〜いキャラメルにとても良く合うんです! フロランタン自体もただ甘いだけでなく程よく焦がしたほろ苦さもあるので、意外にもペロッといただけてしまいました。サクサクの食感に濃厚な甘さとほろ苦さ、そしてバターのミルキーなコクがクセになる一品です。

ランチやホームパーティーの主役にも!存在感抜群のおかず系パイ♪

ボン モマン おかず系パイ
写真左から自家製パンチェッタとクリームチーズのキッシュ、ショウガミートパイ
ボン モマン おかず系パイ
ミートパイは中身ぎっしり!!

自家製パンチェッタとクリームチーズのキッシュ(税込580円)写真:左

ミートパイと合わせて購入したいのがキッシュたち。季節限定の商品も含めて多数の種類が並んでいます。キッシュはベースのパイ生地はもちろん、中の具材も一手間二手間かける必要があるのでなかなか家庭では作りづらい料理です。そんな手間のかかるキッシュたちがこの日も4種類ほど揃っていまして「さてどれにするか」と悩みつつ、今回は定番の中から「自家製パンチェッタとクリームチーズのキッシュ」を選んでみました。

パンチェッタとは塩漬けされた豚バラ肉のことで、生ベーコンとも呼ばれています。これを燻したものが私たちにも馴染みのあるベーコンです。数週間かけて作られた自家製パンチェッタを贅沢にもブロック状に切りたっぷりと使用しています。卵の風味豊かなアパレイユ生地の中に、ブロッコリーやパンチェッタ、塊のクリームチーズなどがゴロゴロと入っていました。全体の塩気に対しカボチャのほんのりとした甘さがアクセントとなっていました。見栄えも良くボリュームもあるのでホームパーティの主役になれるキッシュです。

ショウガミートパイ(税込590円)写真:右

おかず系パイのなかでも特に買って欲しいのがこちらのミートパイ! 甘く煮込んだ生姜と焦がし醤油の和風なミートパイはおかず系パイで不動の人気No.1! 「ミートパイ」と聞くと洋風なミートソース味を想像してしまいますが、和風というのは珍しいですね。

一口いただくとそぼろのような懐かしい甘さの中に、大量に入った生姜の香りが全体を引き締めてくれます。とは言え生姜特有のトゲのある辛味は感じずとても食べやすい仕上がりになっていますよ。驚くほどたっぷりとお肉が入っているのも嬉しいところ。これだけのお肉をバターたっぷりのパイ生地が包んでいるのに不思議と重たさは感じません。「ミートパイは脂っこくて苦手」という方にも食べやすいと思うので、ぜひ頂いてみて欲しいです。


ボン モマン

いかがでしたでしょうか? スイーツのイメージが強いパイですが、意外にもミートパイやキッシュなどおかずとしても楽しめるパイ料理たち。個性豊かなパイはお持たせやホームパーティーにも持って行きたいですね。焼き直したときに広がるバターの香りはそれだけで幸せな気持ちになりますよ♪ お店では常時15種類ほどのパイが並んでいるそうなので、ぜひスイーツパイとおかず系パイどちらも試していただきたいです。

お店
ボン モマン (Bons Moments)
住所
東京都目黒区自由が丘2-15-10-102
TEL
営業時間
11:00〜19:00(ランチ営業)
定休日
月曜 (祝日の場合は翌日になります)
この記事を書いたのは・・・
コモ
ライター

普段はスイーツの食べ歩きをしていて、美味しい物への探究心は人一倍!「家族へのお土産」と言いながら、ついつい旅行先やデパ地下で美味しそうなものを探してしまいます。大切な人だからこそ「美味しいものをお送りしたい」。そんな気持ちに応えられるように選りすぐりの品々をご紹介。プレゼントにも自分へのご褒美にもなる美味しい情報をお届けします♪
ブログ / Twitter

今あなたにオススメの記事!

特別コラボ企画!

人気の「スポット」から探す!

人気の記事!

1週間のアクセスランキング

こんなスポットも人気です!