おみやげーと|あげたくなる「お土産、手土産」が見つかる!

見てびっくり、食べてびっくりのサプライズスイーツを福岡で発見!

32,470 view
2015/10/5
今回ご紹介するお土産のキーワードは“イチゴ”。サプライズなスイーツの正体が何なのか、答えは記事を読んで探してね。
今回ご紹介するお土産のキーワードは“イチゴ”。サプライズなスイーツの正体が何なのか、答えは記事を読んで探してね。

こんにちは、おみやげーと編集部です。

今回ご紹介するのは、福岡市の西隣にある糸島市で見つけたスイーツ。海と山の自然に恵まれた糸島市は、風光明媚な観光スポットを数多く抱えるまち。新鮮な魚介類のほか、野菜や果物などの特産品も多く、イチゴの王様とされるあまおうもそのひとつ。

ということで、お土産のキーワードは“イチゴ”。イチゴのプロが愛情込めて作った新感覚スイーツ、これがもう見てびっくり、食べてびっくりなんです!

作り手の愛情がたっぷり込められた、あまおうスイーツ“博多あまび”

博多あまび(セット)
見た目はイチゴジャムのよう!? 黒蜜でなく、練乳が付いているのがミソ。

コレ、何のスイーツだかわかります? 私は「博多あまび」という名前を聞いても、まだ何のお菓子だかわかりませんでした。鮮やかな赤色の生地にはごまみたいな粒々があって、どう見てもイチゴ! 切り分けると生地はぷるんとしていて……なんと、イチゴを使ったわらび餅だったんです。

イチゴの中でも、とりわけ糸島産のあまおうにこだわって作ったわらび餅。その発想にも驚いたけど、「博多あまび」は何より作り手の愛情がものすご~~~く深いんです。作ったのは、福岡県糸島産あまおう苺をスイーツとして加工・販売する「伊都きんぐ」。例えば、「私たちの本店がある福岡県糸島は、本当に水も空気も土もキレイで…(一部省略)…そこで生まれる「あまおう苺」は、本当に優しく素晴らしいお味になります」。商品と一緒に入っていたパンフレットの紹介コメントを読んだだけで、糸島産あまおうへの愛情がひしひしと伝わってきました。

正体はイチゴのわらび餅! 一品で三度楽しめます。

博多あまび(箱)
ラベルをじっくり見ると「福岡県糸島産あまおう苺入り わらび餅」とありました!そう、イチゴのわらび餅なんです。
博多あまび(練乳)
わらび餅のほかに、どら焼きや杏仁豆腐、パンナコッタなども販売されているとのこと。

「博多あまび」を開発するにいたったのは、あまおう苺の「切ない甘さ、味」を感じられるようにしようという思いから。わらび餅が持つ、どこか懐かしいような味があまおう苺と合わせることで、切ない味を実現してくれたとのこと。まずは切り分けて、何もつけずにパクッ。粒のひと粒ひと粒さえもフレッシュに閉じ込めた濃厚なイチゴ! わらび餅ならではのつるんともっちりした食感のあとには、ほのかな酸味がふわり。この酸味になんとなく哀愁が感じられ、確かに切ないお味でした。

お次は練乳ソースをかけていただくと、練乳イチゴさながらに酸味がまろやかになって優しい味わいに。そして、最後にきなこをかけて食べると、甘みと香ばしさが加わり、「あ~、スイーツ食べた♡」という満足感のある味わいに変わりました。

一品で三度おいしい、「博多あまび」。詳しい食べ方はパンフレットに載っているので、お土産として渡す際には、「ぜひ、いろいろ試して」と一言添えて!

商品名
博多あまび(ミニ)
価格
1,296円(税込)
お店
伊都きんぐ
日持ち
2日間ほど

あまおう品種の開発者がいるショップによる、あまおうを使ったスイーツ。

いかがでしたでしょうか?

パンフレットには、「私たちは洋菓子のプロではありません。そして和菓子のプロでもありません。けど、イチゴ、あまおうを使っての菓子なら絶対誰にも負けません」とありました。

ストレートだからこそ、説得力のある言葉ですよね。

「博多あまび」はもちろん、他のスイーツも要注目です。

この記事を書いたのは・・・
おみやげーと編集部
常に日本各地のお土産情報をチェックしている精鋭たち。「おいしいお土産が大好き!」なメンバーが集まっています。

今あなたにオススメの記事!

特別コラボ企画!

人気の「スポット」から探す!

人気の記事!

1週間のアクセスランキング

こんなスポットも人気です!