おみやげーと|あげたくなる「お土産、手土産」が見つかる!

鹿児島出身のスタッフお墨付き!素朴でおいしい鹿児島のお土産5選。

15,636 view
2015/8/28
地元っ子おすすめの鹿児島みやげは、フルーツ派もあんこ派も満足させるラインナップ。差し上げる方のお好みで選んでね。
地元っ子おすすめの鹿児島みやげは、フルーツ派もあんこ派も満足させるラインナップ。差し上げる方のお好みで選んでね。

桜島や奄美大島をはじめとした離島が点在し、多くの観光客が訪れる鹿児島。大自然だけでなく、歴史が感じられる観光地も数多くあり、いろんな旅が楽しめるんです。

そんな魅力あふれる鹿児島で、買うべきお土産とは…?

鹿児島出身のスタッフが、厳選して教えてくれました。

卵の風味が濃厚な、ふわふわ蒸し菓子。かすたどん。

かすたどん(箱)
西郷どんを思い起こさせるネーミングからして鹿児島らしい!
かすたどん(中身)
淡いクリーム色、ころんとまんまるな形が優しい印象。

封を開けて取り出すと、この上なく軽いふわふわの感触に驚き!持つと指の跡がついちゃうくらい、極めて繊細な手触りなんです。実際に食べてみると、食感も期待通りにふわっふわ。ソフトな生地の中には、鹿児島の卵をたっぷり使ったカスタードクリームが入っていて、うちの長女は「ミルキーみたい」と言っていました(!?)。ミルキーのようなミルクの味はしないけど、濃厚な味わいを伝えたかったのだなと一人で納得(笑)。

卵の風味がいつまでも残るクリームと、繊細で軽いスポンジ生地。アンバランスなようでいて、実はとてもバランスのいい蒸し菓子です。

商品名
かすたどん
価格
10個入り 1,242円(税込)
お店
薩摩蒸気屋
日持ち
10日程度

皆が知ってるボンタンアメ、実は鹿児島生まれです!

全国のスーパーやコンビニでも見かける、ボンタンアメ。日々のおやつとして馴染みが深いけど、鹿児島生まれの銘菓なんです…ご存じでした?

ボンタンアメ(袋)
昔から変わらないボンタンアメのパッケージ。この袋の中に小箱が5つ入っています。
ボンタンアメ(中身)
歯にくっつくのがわかっていながら、あのモチモチ感が楽しみたくて、ついつい噛んでしまいます。

製造・販売は大正15年というから、90年続くロングセラー。ボンタンアメと言えば、誰もがクセになるもっちりやわらかな食感ですよね。そのカギを握る、もち米は自社工場で精米、研米、製粉して、冷水にひと晩浸してから、じっくり練り上げているのだとか。そしてゆずにも似た香りは、ぼんたん果汁やうんしゅうみかん果汁のブレンドによるもの。

昔から気軽に味わっていたボンタンアメに、そんなこだわりが隠されていたとは!鹿児島に行った際はどっさり買い込んで、ひとつずつお友達に配りたいものですね。

商品名
ボンタンアメ
価格
5箱入り 486円(税込)
お店
セイカ食品
日持ち
8ヶ月程度

さっぱりするんといただける、マンゴーゼリー。

マンゴーは宮崎が有名だけど、鹿児島にもおいしいマンゴーがあるんです!

産地は鹿児島の南端にある、指宿市(いぶすきし)。燦々と輝く太陽ときれいな空気に恵まれたロケーションだそう。

マンゴーゼリー(箱)
高級感あふれるパッケージと、一個ずつスプーンが付いてるのもポイント。
マンゴーゼリー(アップ)
お皿に盛るとぷるんと揺れるほど、やわらかな仕上がり。

その指宿のマンゴーを50%使用したのが、マンゴーの森のマンゴーゼリー。マンゴーは濃厚な甘みとコクが特徴ですが、パッションフルーツやパインを加えたこちらのゼリーは、どちらかと言うとさっぱり系。ふるふるとやわらかな口触りで、暑い夏でもスルンと喉を通ります。

時にはミントを添えて清涼感を楽しみ、時には生クリームを添えてコクを楽しんで…。アレンジの幅が効くので、好みの味をみつけてみて。

商品名
マンゴーゼリー
価格
6個入り 2,437円(税込)
お店
かめや マンゴーの森
日持ち
3ヶ月程度

生地とあんのハーモニーが絶妙!かるかん饅頭。

今から300年前、島津家20代の祝いの席に用いられたという記録が残るかるかん。薩摩で生まれ、今も薩摩で最も多く作られているのだとか。お土産としては、かるかんにあんを忍ばせた、かるかんまんじゅうが一般的ですよね。

かるかん(箱)
ライトブルーを基調にしたパッケージは、爽やかな雰囲気。真っ白なかるかんも映えます!
かるかん(アップ)
ふわっとしっとり溶けていく生地と、上品な甘みのあんにほっぺが落ちそう!

そんな薩摩銘菓の中でも特におススメなのが、明石屋菓子店の「かるかん饅頭」。なんでも明石屋菓子店はかるかんの元祖と言われる、お店だそうです。

良質な自然薯を使った生地は、淡雪のように真っ白でふんわり。口どけはしっとりとして、ちょっぴり懐かしさを感じさせる味わいです。そこにアクセントを添えるのが、北海道産小豆を使ったきめ細やかなこしあん。ともすれば素朴な生地より目立ってしまいがちなところ、いい具合に控えめなんです。

抜群にマッチした生地とあん……数あるかるかん饅頭の中でも、人気が高いというのも頷けます!!

商品名
かるかん饅頭
価格
15個入り 2,592円(税込)
お店
明石屋菓子店
日持ち
1週間程度

どっしりした小豆の風味がクセになる、春駒。

“春駒”とは、昔から薩摩で親しまれている伝統的な餅菓子。主原料は砂糖や小豆、米粉、餅粉…これらを蒸して練り上げて作るそうです。

春駒(箱)
一本一本竹皮で包まれた、風情あふれるルックスです。
春駒(切り分け)
独特の食感ゆえ、濃い緑茶と一緒にいただいて!

ぱっと見、羊羹みたいでしょ?食べてみると、ういろう。でも、ういろうよりねばりがあって、ドリンクがないと口の中にくっついてしまうほど!改めて緑茶と一緒にいただけば、もっちりとした口当たりに早変わり。どっしりと存在感のある小豆の風味が感じられ、食べ出すとやめられなくなるんです。

実際、うちの長男は春駒を素手で持ち、パクパクパクパク食べた後、「また、買ってきてね」と言っておりました(笑)。小さい子供にも、好評なお土産です。

商品名
春駒
価格
8本入り 1,188円(税込)
お店
明石屋菓子店
日持ち
10日程度

以上、おみやげーと編集部がお送りしました。

さすがは、手つかずの自然がたくさん残る鹿児島。お土産もどこかほっとする、癒しの甘味が揃っていました!

この記事を書いたのは・・・
おみやげーと編集部
常に日本各地のお土産情報をチェックしている精鋭たち。「おいしいお土産が大好き!」なメンバーが集まっています。

今あなたにオススメの記事!

特別コラボ企画!

人気の「スポット」から探す!

人気の記事!

1週間のアクセスランキング

こんなスポットも人気です!