おみやげーと|あげたくなる「お土産、手土産」が見つかる!

鎌倉散策で見つけた、美味しい和なお土産5品

23,185 view
2014/1/9
鎌倉散策で見つけた、美味しい和なお土産5品をご紹介します。
鎌倉散策で見つけた、美味しい和なお土産5品をご紹介します。

あけましておめでとうございます。スタッフのイチオシコーナーの居候メンバー、アゲハ蝶の使者です。2014年第一弾のブログは、初詣でも人気のスポット武家の古都・鎌倉です。

鎌倉の初詣といえば、鶴岡八幡宮。2013年は三が日で255万人と全国6位に輝き、2014年の新春も多くの参拝客で大賑わいでした。鎌倉散策では、この八幡様を通るのが最もポピュラーなコース。今回は、JR北鎌倉駅から鶴岡八幡宮を通って鎌倉駅までの散策コースで買える素敵なお土産をご紹介します!

北鎌倉 松花堂の『あがり羊羹』

北鎌倉 松花堂の『あがり羊羹』

北鎌倉駅から始まる散策といえば、まずは円覚寺から、と行きたいところですが今回はお土産メイン。逆側の北鎌倉駅西口より出て鎌倉街道を右方向へ徒歩2分、目指すは鎌倉松花堂のあがり羊羹。女将さんが最高の笑顔でお迎えしてくれました。

北鎌倉 松花堂の『あがり羊羹』

『あがり』とは献上するという意味。江戸時代に尾張徳川家へ献上されていたということから、あがり羊羹と命名されました。

羊羹というくらいですから、しっかりとした歯ごたえを想像しますが、実はういろうのようなもっちり感で、食感は水ようかん。すーっと口の中でなくなっていく口どけ感がたまりません。味もあっさりしていて上品。お茶受けにも最高です。日持ちは3日間です。

商品名
あがり羊羹
価格
1本 1,365円
サイト
鎌倉松花堂

建長寺を超えて鶴岡八幡宮へ

鶴岡八幡宮に近づくにつれて人が多くなってきます。参道の八幡宮前交差点から見ると、あふれんばかりの人。

鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮の参道。今年もたくさんの方々が参拝にやってきます。

アルブル ノワール YAKUMIの『鎌倉焼』

アルブル ノワール YAKUMI
あつあつの鎌倉焼は大人気。

鶴岡八幡宮を過ぎて、次は若宮大路の段葛に沿った右側にあるarbre moir YAKUMI(アルブル ノワール ヤクミ)の鎌倉焼。ここYAKUMIは、なんと料理の鉄人のお店『くろぎ』の姉妹店。

アルブル ノワール YAKUMIの『鎌倉焼』

鎌倉焼は、黒ごま餡を抹茶の生地で包んで焼き上げたもの。ごま餡の上品な甘みと抹茶の風味のマッチングが絶妙です。箱もおしゃれですのでお土産にも喜ばれるはず。店頭で焼いているので、1個買いで熱々のごま餡を楽しむことができます。

本来は薬味類のお店なので、人気の柚子胡椒もおみやげにいかがでしょうか。

商品名
鎌倉焼
価格
1箱10個入り 630円
サイト
arbre moir YAKUMI

豊島屋の『小鳩豆楽』

豊島屋
豊島屋さん本店前で行われていた、出初め式でもおなじみの『はしご乗り』。

若宮大路を鎌倉駅に向かうと、その手前にある豊島屋は創業100年を超える老舗。鎌倉の定番お土産といえば豊島屋の鳩サブレですが、今回は小鳩豆楽(こばとまめらく)という落雁をご紹介します。

豊島屋の『小鳩豆楽』

包装を開けると小さな鳩たちが登場。とてもかわいらしい。

一般的な落雁は米粉を使用していますが、こちらは豆粉を使用。和三盆の上品な甘みと融合して落雁のイメージを変えるおいしさを感じさせます。「豆の香りを楽しみ、また『まめ』に楽しくお過ごしください」という願いが込められているそうです。

商品名
小鳩豆楽
価格
1箱 3包入 420円
サイト
豊島屋

井上蒲鉾店の『小判揚』と『梅花はんぺん』

井上蒲鉾店
井上蒲鉾店の本店は歴史ある雰囲気満載です。

JR鎌倉駅から江ノ電和田塚駅方面に足を延ばすと、昭和6年創業の井上蒲鉾店本店があります。今回は小判揚と梅花はんぺんをご紹介。

井上蒲鉾店 小判揚

小判揚は銭洗弁財天の縁起に因んで生まれたもの。小田原蒲鉾系独特の歯ごたえを残しつつ、胡麻油の香ばしさが広がります。そのままでもおいしいですが、少し温めるとより香ばしさが増し、生姜のすりおろしや、大根おろしといっしょに頂くのも最高です。

井上蒲鉾店 梅花はんぺん

梅花はんぺんは名前のとおり淡い紅色と白のコントラストが美しいはんぺん。高級感があります。椀物の付け合わせとしては当然ですが、わさび醤油でそのまま頂いても美味。日本酒のお伴にも最高です。

ご贈答用詰め合わせもありますので、お世話になった方へのお礼にもオススメです。

商品名
小判揚 梅花はんぺん詰め合せ
価格
1,235円
サイト
井上蒲鉾店
江ノ電
鎌倉駅から江ノ電に乗ると、散策範囲もグッと広がります。

鎌倉といえば、歴史と四季折々の景観を見せてくれる神社仏閣を巡る楽しみがありますが、その街並みには歴史を感じさせるお店ばかりではなく、和のイメージから新しく創造されたお店も融合していて、それらを見て歩く楽しみもあります。

鎌倉に足を運んだ際は、素敵な街並みとともに、ぜひお気に入りのお土産を見つけてくださいね。

この記事を書いたのは・・・
アゲハ蝶の使者
特派員

「つまらないものですが…」「形ばかりではありますが…」「ささやかではございますが…」ああ、なんて奥ゆかしいんでしょうか。お土産、手土産を通して心を届けるなんて素敵じゃないでしょうか。そんな素敵なお土産、手土産の情報をお届けしたいなぁと、思っている次第です。でも、たぶん、きっと、マニアック目線担当です。

今あなたにオススメの記事!

特別コラボ企画!

人気の「スポット」から探す!

人気の記事!

1週間のアクセスランキング

こんなスポットも人気です!