おみやげーと|あげたくなる「お土産、手土産」が見つかる!

いつもとはちょっと違った北海道土産に!創業100年を超える"麩"専門店が作る、"麩"のお土産5選。

2,132 view
2017/1/13
かわいい生麩やおいしい麩饅頭など、どれもこれも“麩”なんです!ちょっと変わった北海道土産にいかが?
かわいい生麩やおいしい麩饅頭など、どれもこれも“麩”なんです!ちょっと変わった北海道土産にいかが?

北海道札幌市に"麩"の専門店があるのはご存じでしょうか?その名も「北の麩本舗」。製麩の工場の直売所なんです。

北の麩本舗(外観)

その運営元は小山製麩所で、創業はなんと明治42年。現在100年を超える老舗です。"麩"といってもたくさんの種類があり、こちらの作られている麩の商品は、細工麩や焼麩、生麩、麩甘味など、実に多彩で魅力的。

北の麩本舗(内観)

そこで今回は麩を使った、見た目もかわいい商品の中から、お土産にぴったりの5品をライターのオススメとしてご紹介します。

めっちゃかわいい生麩・パート1♪~花びら~

ひとつ目は、『花びら麩』です。こちらのお店の「生麩」は、厳選小麦粉ともち粉を使用しています。職人がひとつひとつ丁寧に手造りしているだけあって、個性的な上にとてもかわいく、芸術的です。

花びら麩

そんな生麩のいろいろなモチーフの中で、まずご紹介したいのがこちら、『花びら』です。元は金太郎飴的…カットしていただきましょう!

ピンクとホワイトのグラデーションも華やかで美しい”花びら”モチーフ、とてもかわいいですね。晴れやかな席でのお吸い物などに入っていると、おめでたさも倍増しそう!?

花びら麩(カット)
散りゆく花びらのようで、なんとも情緒的。
商品名
花びら麩
価格
496円(税込)
日持ち
1年前後

めっちゃかわいい生麩・パート2♪~なすび~

ふたつ目は、かわいいい”なすび”がモチーフの『なすび麩』です。生麩とは思えない、ビビッドな紫色が印象的。でも、なすびモチーフって珍しくない???

なすび麩

夏に旬を迎えるなすび、夏の味覚を表すものとしてお料理に加えるのもいいですね。また、初夢に見ると縁起が良いとされる、「一富士二鷹三茄子」。初夢に見られなくても、縁起物として勝負時のごはんに添えてみてはいかがでしょうか。

なすび麩(カット)
切ってびっくり!?野菜のなすびみたいに、中が白いんです!
商品名
なすび麩(小)
価格
496円(税込)
日持ち
1年前後

めっちゃかわいい生麩・パート3♪~桜~

3つ目は、『桜麩』です。ピンク系のグラデーションを配した、凝ったデザインの桜モチーフ。情緒的な花びらとは違って、賑やかな食事の場にベストマッチします。

桜麩

春の入学・卒業シーズンの食卓に、とても合いますね。他にも、お刺身やうま煮、和え物などにも艶やかな彩りを添えてくれます。

桜麩(カット)
桜麩のように花びらがギザギザしていない、梅の形の生麩もあります。
生麩三種
花びら麩、なすび麩、桜麩が並ぶと華やかですね。
商品名
桜麩(大)
価格
756円(税込)
日持ち
1年前後

モチモチ食感がクセになる、お麩で作った和スイーツの傑作♪

4つ目は、『麩饅頭』です。生麩生地に北海道産熊笹粉末を練り込んでいます。そして餡には北海道産小豆。このこだわり素材、おいしくならないわけがないですよね~♪

麩饅頭

生麩生地は、もちもちしているんだけど、喉越しがよく、意外にも食べやすかったです。味は熊笹のほか、胡麻くるみ、あずき、ゆずがありますので、ぜひ盛り合わせ土産をゲットしましょう。

麩饅頭(カット)
北海道の熊笹で包まれているのも風情があります♪
商品名
麩饅頭 詰め合わせ
価格
12個入り 2,764円(税込)
日持ち
3か月前後

ネーミングもユニーク!手軽にフレンチトーストが作れる焼麩。

5つ目は、『麩レンチトースト麩』です。この麩レンチトースト麩は、植物性たんぱく質が豊富で低カロリーという、体に優しい食材の焼麩がスイーツとして食べられるというもの。

麩レンチトースト麩

牛乳・砂糖・卵・バニラエッセンスに漬けこんだ後、フライパンで焼き、器に盛ってメープルシロップをかけると完成♪調理することでプリンみたいな食感のフレンチトーストになります。ぜひ試してみてください。

麩レンチトースト麩(トースト調理)
ひと口サイズで食べやすい!
商品名
麩レンチトースト麩
価格
324円(税込)
日持ち
1年前後

「麩」のお土産特集はいかがでしたでしょうか。麩の専門店、それも100年続く老舗は全国的にとても珍しく、北海道土産として新鮮で喜ばれるのではないでしょうか。

お土産購入の際は、こちらの記事をぜひ参考にしてみてほしいと思います。

このお店
北の麩本舗
この記事を書いたのは・・・
成田ケン(マーヴェリック)
ライター

長年東京の出版業界で活動していましたが、5年前に故郷である北海道に戻りました。出版編集プロダクション経営の傍ら、北海道の観光・グルメ関係の雑誌カメラマン・ライターとしても活動中で、観光地のお土産の魅力を情報発信する資格「観光特産士」の顔も持っています。
北海道は言わずと知れたグルメ王国です。地元民の強みを活かして、北海道の美味しいお土産探しの旅を日々しています。

今あなたにオススメの記事!

特別コラボ企画!

人気の「スポット」から探す!

人気の記事!

1週間のアクセスランキング

こんなスポットも人気です!