おみやげーと|あげたくなる「お土産、手土産」が見つかる!

しょっぱい派の手土産に!小さな幸せが広がる、播磨屋本店の『コウノトリの福袋』。

5,432 view
2016/4/1
名前を聞いてワクワク、小袋を開けるごとにワクワク…。今回のお土産はワクワクがいっぱいある播磨屋本店の『コウノトリの福袋』です!
名前を聞いてワクワク、小袋を開けるごとにワクワク…。今回のお土産はワクワクがいっぱいある播磨屋本店の『コウノトリの福袋』です!

こんにちは、おみやげーと編集部です。

先日、編集部に『コウノトリの福袋』というお土産が届きました!

名前を聞いただけでも、なんだか幸せが詰め込まれていそうでワクワク。缶を開けると、ミニサイズのあられが10個ずつ入った小袋が並んでいて…。なんと、小袋を開けるごとにまたまたワクワクが味わえるんです。

そんなワクワクいっぱいの『コウノトリの福袋』。おやつは甘いものよりしょっぱい系…という人への手土産にぴったりですよ。

全24種の中から10種をパッキング。組み合わせいろいろ!

『コウノトリの福袋』を作っているのは、兵庫県豊岡市に本社をおく播磨屋本店。地元では江戸時代から続く、おかきの名店として知られた存在なのだそう。HPに載っていた、こちらの商品のこだわりは3点。「全種全品自社生産、小さい物をおいしく焼く画期的新技術、小袋からそのまま出せる菓子器風トレー」とのことでした。

福袋(小袋)福袋(ヒキ)
朱塗りの菓子器みたいなトレー。ちょっとした集まりにも重宝しそう!

小袋にも「小さな口福 いろいろいっぱい」とありますよね? では、何が幸福なのかと申しますと…24種類のミニあられを組み合わせいろいろに10個ずつ小袋包装しているんです。今度はどんなあられが出てくるんだろうと、袋を開けるたびにワクワク。いつ食べても違う組み合わせだから、毎日のおやつがワクワク…小さな幸せが広がりますね。

お気に入りはどれ? ほんの一部をご紹介。

食べてみての感想は、「カラリと揚がっていてさっくり軽い!」「全体的に薄味ながら風味が強い!」ということでした。良質なお米の風味、青のりの風味、わさび醤油の風味…あられによってさまざまですが、その中から私が印象に残ったものを一部ご紹介します。

福袋(ヨリ)福袋(コメント)
紅梅しぐれ、千枚あられ氷砂糖、千枚あられ黒ごま、童げんこつサラダ、昔ながらの品川巻ほか。ひとつずつHPで紹介されているので、ご参考に。

●一口揚せん醤油…播磨屋本店の人気商品、朝日あげのひと口サイズ。サクッと軽く、ほんのり上品な甘辛風味。ひと口じゃ物足りないほどのおいしさです。

●一口揚せん黒砂糖…どこか懐かしい香りと甘さ。見た目は揚せんなんだけど、風味は黒砂糖なんです! ミスマッチな味わいが軽快なひと品。

●青のり若葉…四国&瀬戸内産天然青のりをつき込んだあられ。想像以上に青のりの風味が漂ってきます。

●さくらサクラあられ…食べたとたん、痛烈に広がるえびの風味。なんでも静岡駿河湾産サクラエビを使っているとのこと。さくらの花の形やネーミングもポイント。

商品名
コウノトリ福袋 特大缶
価格
36袋入り 3,693円(税込み)
お店
播磨屋本店
日持ち
製造日より2ヶ月

年齢のせいか、ガツンと甘いものより、しょっぱい系を好むようになってきた今日この頃。

そんな私にとって、『コウノトリ福袋』は寝耳に水のあられでした!

すぐにでも取り寄せて、毎日のおやつに役立てようと思っています。。。

この記事を書いたのは・・・
おみやげーと編集部
常に日本各地のお土産情報をチェックしている精鋭たち。「おいしいお土産が大好き!」なメンバーが集まっています。

今あなたにオススメの記事!

特別コラボ企画!

人気の「スポット」から探す!

人気の記事!

1週間のアクセスランキング

こんなスポットも人気です!