おみやげーと|あげたくなる「お土産、手土産」が見つかる!

行楽シーズンは京都に行こう!秋を感じる京都スイーツ4選。

1,138 view
2016/10/27
今回は秋を感じられる京都スイーツをご紹介します。深まる秋に人気の京都。情緒ある京都の街並みを楽しみつつ、秋の味覚も楽しんでくださいね。
今回は秋を感じられる京都スイーツをご紹介します。深まる秋に人気の京都。情緒ある京都の街並みを楽しみつつ、秋の味覚も楽しんでくださいね。

こんにちは、おみやげーと南條です。秋が深まるこの時期は、行楽にはもってこいです。私のオススメは紅葉を愛でながら、歴史的な建造物を巡る京都の旅。

ということで、今回は秋を感じる京都スイーツ特集です。秋ならではの素材が使われていたり、見た目から秋らしさを感じられたり……そんなスイーツを4つご紹介します。食欲の秋、京都スイーツを満喫しましょう!

パッケージも秋仕様。秋限定の栗と紫芋の『あきおたべ』。

京都の定番土産のひとつである「おたべ」シリーズから『あきおたべ』をご紹介。誰にでも手軽に作れてかわいい形にしたいという想いから、三角の形をしている「おたべ」は多くの人から愛されているお菓子です。京都の秋の山門風景を切り取った、秋限定のパッケージデザインが素敵♪

あきおたべ
パッケージのデザインを手がけたのは、切り絵画家・久保修さん。

コシヒカリを製粉して仕上げてられている生八つ橋と、栗餡と紫芋餡のバランスが絶妙。上品な甘さともちもち食感が魅力です。香りが立ち、お口の中でじわじわと味が広がっていきます。ペロリと食べられるサイズではありますが、じっくり味わってほしい一品です。

あきおたべ(皿)
栗と紫芋の2種類の味を楽しめます。

「秋おたべ」は、11月30日が最終発送だそうです。この時期ならではの「おたべ」をお見逃しなく!

商品名
あきおたべ
価格
10個入り 540円(税込)
お店
京都銘菓おたべ
日持ち
発送日を含め12日間

丸ごと入った渋皮栗で、秋の味覚を堪能。

京都宇治に店舗を構える「伊藤久右衛門(いとうきゅうえもん)」は、お茶屋として有名なお店です。世界文化遺産の宇治上神社や、花の寺で有名な三室戸寺など、歴史ある街並みの中にあります。そんなお茶屋さんが販売している洋菓子とは……?今回は『栗抹茶ロールケーキ』をご紹介します。

栗抹茶ロール

じっくり煮詰めた渋皮栗とマロンクリームが、濃厚抹茶スポンジ生地で包まれた秋限定ロールケーキ。いざ食べてみると、生地がしっとりしていることに驚きました。舌触りもなめらかで、クリームと生地がしっかり馴染んでいるのが分かります。

栗抹茶ロール(皿)
ケーキのどこを切っても栗があるのがうれしい!

しっとりしたスポンジに、栗の歯ごたえが良いアクセントになっていました。ほんのり抹茶の苦みもあり、苦みと甘みのバランスがちょうど良かったです。オンラインでも注文できますが、その場合は12月11日までのお届け限定だそうなので、ご注文の際はお気をつけて!

商品名
栗抹茶ロールケーキ
価格
1,998円(税込)
お店
伊藤久右衛門(いとうきゅうえもん)
日持ち
3日間(出荷日含む)

みずみずしい柿のおいしさをそのまま閉じ込めた『富柿』。

京都祇園に本店を構える「菓匠 静閑院(せいかんいん)」。「お菓子を通して日本の趣や移りゆく季節の風情を新たな視点からお届けします」というコンセプトを掲げて、おいしいお菓子を製造販売しています。今回は、その中から『富柿(ふがき)』をご紹介。

富柿
柿をモチーフにしたパッケージがポップでかわいい。

鳥取県産の西条柿を使用して作られた『富柿』の味は、まさに柿そのもの。柿の甘みが最大限に生かされている和風のゼリーでした。みずみずしくてサッパリした後味は、食後のデザートにもピッタリです。小ぶりなサイズも、食べやすい!パッケージからも柿をイメージできるようになっている遊び心も魅力です。

富柿(皿)
みずみずしくて、本物の柿を食べているみたい。期間限定商品ゆえ、買い逃した場合は来年に!
商品名
富柿
価格
5個入り 1,404円(税込)
お店
菓匠 静閑院
日持ち
23日

予想以上に濃厚な栗の味わい。贅沢な和スイーツ『わたぼうし栗餡』。

明治3年に丹後峰山町で和久屋傳衛門が始めた旅館「和久傳」。その後、料亭の味を持って帰っていただくためのお店を出店するなどして、活動の場を広げていきました。「日本の食と文化を伝える」「オンリーワンであり続ける」「人とつながり、未来とつながる」。こういったことを大切にしている「和久傳」が作るお菓子は、こだわりを感じられるものばかり。今回は数あるお菓子の中から『わたぼうし栗餡』をご紹介します。

わたぼうし栗餡

商品名である『わたぼうし』とは、花嫁が婚礼儀式の際に身に着けるかぶりもののこと。わたぼうしが、花嫁の頭をふんわりと包むように、求肥が栗の餡を優しく包んでいます。旬の栗を丹念に裏ごしして作られた餡はとても濃厚!手に取ると一般的な大福よりも、ずっしりと重みがあるような気がしました。気品を感じられるこのお菓子は食べ応えもバッチリ。『わたぼうし栗餡』は、おめでたい席にもふさわしいお土産です。

わたぼうし栗餡(皿)わたぼうし栗餡(ヨリ)
やわらかな求肥の中には、ぎっしりと栗の餡が入っています。
商品名
わたぼうし栗餡
価格
6個入り 2,592円(税込)
お店
和久傳
日持ち
3日間(製造日を含む)

今回は、秋を感じる京都スイーツをご紹介しました。味がおいしいのはもちろん、秋が感じられるかどうかを重要視して選んだものばかりです。

行楽シーズンのお出かけ先がまだ決まっていないのなら、京都に足を運んでみてはいかが?綺麗な景色においしいスイーツで、心もお腹も満たされるはず。

この記事を書いたのは・・・
南條 祐弥
ライター

温かい紅茶を飲みながら、スイーツを食べる時間が好き♪食べ物の好き嫌いがなく、和菓子も洋菓子もOK!
新しいスイーツを開拓するべく、常に美味しいスイーツやカフェの情報に、アンテナを張っています。
今まで、たくさんのスイーツを食べ、たくさんの人にプレゼントしてきました。その経験を活かし、喜ばれるお土産情報をお届けします!
ブログ

今あなたにオススメの記事!

特別コラボ企画!

人気の「スポット」から探す!

人気の記事!

1週間のアクセスランキング

こんなスポットも人気です!