おみやげーと|あげたくなる「お土産、手土産」が見つかる!

”ししゃも”のチーズってどんなの!? 北海道むかわ町発、気になるチーズのお土産3選。

2,651 view
2016/2/16
今回は “北海道生乳”を使った、チーズのお土産特集です。その中には、変り種チーズも…。なんと“ししゃも”がチーズの中に!? 実はこのコラボ、美味なんです!
今回は “北海道生乳”を使った、チーズのお土産特集です。その中には、変り種チーズも…。なんと“ししゃも”がチーズの中に!? 実はこのコラボ、美味なんです!

今回ご紹介するのは、北海道の太平洋に面した”むかわ町”にある「ASUKAのチーズ工房」さんのチーズ製品です。こちらのお店のチーズ、自らの牧場で大切に育てた、牛の生乳を使ったナチュラルチーズが特徴なんです。

過日、NHK「鶴瓶の家族に乾杯」で紹介され、大変な人気となりました。

早速、ご紹介していきたいと思います。

なんと、さけるチーズに”ししゃも”がイン♪ 珍しいコラボ。

ししゃもチーズ(袋)ししゃもチーズ(ヨリ)
中には、ししゃも粉末がたっぷり!

これはとっても珍しい! 北海道産本ししゃもを粉末にし、さけるチーズにねり込んだ逸品です。さらにさらに、そのししゃもからとったダシで作ったダシ醤油に、チーズを漬け込んで香りをつけているんです。食べた瞬間は、ししゃもの風味が味わえますが、次第にチーズの味わいがしてきます。とっても不思議な感覚ですが、とても美味です。

商品名
ストリング・ししゃも
価格
432円(税込)
お店
ASUKA(アスカ)のチーズ工房
日持ち
製造日より60日(要冷蔵)

6か月以上熟成された”コク”がたまらない、オリジナルチーズ♪

はじめのチーズ(袋)はじめのチーズ(カット)
さっぱりしているのに、コクがある♪

ヨーロッパでは「トム」という名で有名な、セミハードタイプのチーズ製法を参考に作られているそうです。熟成期間はなんと6ヶ月以上。そんな熟成チーズならではの”コク”が感じられるんですが、同時に”さっぱり感”も味わえるところが絶妙です。

また、商品はリンド(表皮)で被われた状態なので、風味を逃さず保存することができるんです。おみやげにもぴったりですね。

商品名
はじめのチーズ
価格
540円(税込)
お店
ASUKA(アスカ)のチーズ工房
日持ち
製造日より30日(要冷蔵)

こだわりの”ホエー”で作った、フレッシュな味わいに感動♪

リコッタチーズ(箱)リコッタチーズ(皿)
いろいろな素材と合わせることで、おいしささらにアップ!

このリコッタチーズは”ホエー”で作ったフレッシュなチーズです。しかも、「ASUKA(アスカ)のチーズ工房」では、ホエー以外の乳成分を添加していないというこだわりよう。その分、ピュアな味わいが最大のポイントです。製造量も少ないレアな商品です。

写真のように、蜂蜜やメープルシロップをかけてもおいしいですし、そのほかにも「生ハム添え」や「リコッタパンケーキ」といったレシピも工房オススメとして紹介されていました。ぜひお試しを。

商品名
リコッタチーズ
価格
514円(税込)
お店
ASUKA(アスカ)のチーズ工房
日持ち
製造日より7日(要冷蔵)

今回の北海道お土産はいかがでしたでしょうか?

ご紹介した工房がある北海道のむかわ町は”ししゃも”で全国的に有名です。そんな町で3代続く酪農家でもある、毛利牧場内に2009年にオープンしたのが、こちらの「ASUKA(アスカ)のチーズ工房」さん。自らが生産した生乳だけを使用している、手づくりのこだわりチーズばかりです。

商品の中には製造数が少ない希少なチーズもあるので、北海道お土産の候補として、ぜひ一度ご賞味してみてはいかが?

この記事を書いたのは・・・
成田ケン(マーヴェリック)
ライター

長年東京の出版業界で活動していましたが、5年前に故郷である北海道に戻りました。出版編集プロダクション経営の傍ら、北海道の観光・グルメ関係の雑誌カメラマン・ライターとしても活動中で、観光地のお土産の魅力を情報発信する資格「観光特産士」の顔も持っています。
北海道は言わずと知れたグルメ王国です。地元民の強みを活かして、北海道の美味しいお土産探しの旅を日々しています。

今あなたにオススメの記事!

特別コラボ企画!

人気の「スポット」から探す!

人気の記事!

1週間のアクセスランキング

こんなスポットも人気です!