おみやげーと|あげたくなる「お土産、手土産」が見つかる!

文明開化の街!長崎が誇る珍しい&おいしいお菓子。

4,138 view
2016/4/27
カステラにボーロにコンペイトウに…いち早く南蛮菓子が伝えられてきた長崎。そんな歴史を垣間見れる、ちょっと不思議なお菓子をご紹介します。
カステラにボーロにコンペイトウに…いち早く南蛮菓子が伝えられてきた長崎。そんな歴史を垣間見れる、ちょっと不思議なお菓子をご紹介します。

もうすぐ待ちに待った、ゴールデンウィーク。お菓子を探して旅するのもいい季節です。そこで今回は探してでも食べてみたい、あるお菓子に出会いましたので紹介します。珍しいお菓子をお土産にしたいなんて時にはオススメですよ。

江戸時代の「百菓之図」にも登場!

鉄砲伝来に始まったポルトガルとの交流。それがキッカケになり、伝えられた南蛮菓子のひとつが今回ご紹介する『カスドース』です。このお菓子、当時は平戸藩門外不出、庶民は口にすることもできなかった幻のお菓子だったのだとか。

カスドース
長崎県平戸市の郷土菓子としても有名。ひと口食べれば、大名気分を味わえます。

その製法は、カステラにさらにひと手間かけたもの。まず焼き上げたカステラを冷まし、乾燥させてから卵黄をくぐらせます。そして、熱した糖蜜のなかで卵黄を固めた後、グラニュー糖をまぶして仕上げるのだとか…。

カスドース(ケース)カスドース(ヨリ)
中はしっとりとした、とても珍しいお菓子。カステラの高級フレンチトーストです!

ひと口食べると、モチっとした感触あり。そして、味は濃厚そのもの。昔から伝えられてきた長い歴史もあるので、長く付き合いたい人へのプレゼントにもよいかも知れませんね。

商品名
カスドース
価格
5個入り 972円(税込)
お店
蔦屋
日持ち
製造日より14日間

ボトルに詰め込まれた、ちょっと不思議な味。

塩味のコンペイトウ。それが『塩今平戸』です。小さなガラス瓶の中に詰められた、ちっちゃな白いコンペイトウはとにかく愛らしい。

塩今平戸(ヨリ)
コンペイトウもポルトガルから伝来。宣教師ルイス・フロイスが織田信長に献上したものとしても知られています。
塩今平戸(瓶)
インテリアとしても活躍しそうなガラスのボトル。平戸観光協会の売店で販売中。

瓶からだしてひと粒口にすると、甘しょっぱい味が口の中いっぱいに広がっていきます。砂糖と塩のバランスが絶妙で、ついつい後を引く味が楽しめます。平戸の美しい根獅子の浜で製塩された塩が使われているので、お土産にも最適!

商品名
塩今平戸
価格
800円(税抜き)
お店
南蛮スイーツ研究会
日持ち
製造日からおおむね1年程度

今回は長崎から珍しいお菓子をふたつご紹介しました。また、珍しい&おいしいお菓子があったらご紹介しますネ。

この記事を書いたのは・・・
えりたま♪
ライター

元海外&温泉レポーター。格安と珍しい食べ物や飲み物が大好き。美容・健康・ダイエットライターの傍ら、日々家庭菜園で各種ハーブ栽培中。
主な著書・監修本に『シングルマザーを生き抜く15のノウハウ』(合同出版)、『ベランダ菜園おいしい野菜づくりのポイント70』(メイツ出版)アプリ『株1年生(筆名/吉原杏)』など。

今あなたにオススメの記事!

特別コラボ企画!

人気の「スポット」から探す!

人気の記事!

1週間のアクセスランキング

こんなスポットも人気です!