おみやげーと|あげたくなる「お土産、手土産」が見つかる!

みかんから梅干しまで、郷土色豊かな和歌山のおみやげが大集結!

4,154 view
2015/8/26
素朴な中にも深い味わいのある、和歌山のお土産をセレクト。どれもこだわりの逸品です!
素朴な中にも深い味わいのある、和歌山のお土産をセレクト。どれもこだわりの逸品です!

こんにちは、おみやげーと編集部です。

梅干しにみかんにお醤油に、和歌山は特産品の宝庫。そんな中から、気になるお土産をピックアップしてみました!

和歌山みやげの大定番。福菱のかげろう。

かげろう
全国菓子大博覧会 厚生労働大臣賞をはじめ、数々の賞を受賞。
かげろう
クリームは優しい甘さ。生地の表面が甘いので、バランスとれてます。

昭和8年に創業した老舗が手がける、和歌山を代表する銘菓。和風なネーミングと販売から40有余年たっていることから、恥ずかしながらこってり系の和菓子だと思ってました。

ところが(!)、表面はサクッ、生地はふわっとしっとり。なんとなくダックワーズを彷彿させるんです。

そんな生地と素朴なクリームが口の中で混ざったと思ったら、瞬時に溶けちゃうからびっくり。軽く淡い口どけに、ついもう一個と手が伸びる味わいです。

商品名
かげろう
価格
8個入り 865円(税込)
お店
福菱
日持ち
40日

醤油発祥地の中でも歴史ある逸品。湯浅手づくり醤油。

紀伊水道に面した和歌山・湯浅は、日本における醤油の発祥地。起源は鎌倉時代までさかのぼり、宋の禅僧が金山寺味噌の醸造法を伝授したことに端を発すと言われています。味噌作りをしているうちに、味噌を醸造する時にでる余分な水分にうま味があることに気づき、この水分の研究を重ねて醤油ができたのだとか。

湯浅手づくり醤油
創業170年。包み紙やラベルからも、歴史が感じられます。
湯浅手づくり醤油
色の濃さは熟成期間が長い証! 保存料や化学調味料は使われていません。

湯浅醤油の中でも、最古の歴史を誇るのが角長の醤油なんです。なんでも、天保時代の蔵をそのまま生かし、すべて手作りという伝統的な製法で、1年以上かけて仕込んでいるのだそう。

お皿に1滴たらすと、たまり醤油のように濃い色。色に負けず劣らず、コクとうま味がたっぷりで、お刺身やお豆腐によく合います。

商品名
湯浅手づくり醤油
価格
300ml 521円(税込)
お店
角長
日持ち
2年

シコシコ、ぷりぷり。上質なすり身をふんだんに使った、扇かまぼこ。

扇かまぼこ
品格ある箱に入っているので、お盆や年末年始の手土産にもぴったり。
扇かまぼこ
明治37年創業の濱辰商店が、100年以上続く伝統の製法で作っています。

見た目はとってもシンプルなかまぼこでしょ?実は、市販のかまぼこの1.5倍はあろう大きさなんです!その大きな生地には、はもやぐちなどの最上級すり身がぎっしり。すり身を蒸したあと、しっかりと焼き上げられているから、シコシコ、ぷりぷりと刻みよい歯ざわりです。隅々にまで魚の風味がしっかり感じられ、つい和歌山のおいしい魚を思い出してしまいました。

そのまま味わったら、お次はわさび醤油やゆずこしょうで。これだけでおかずにもおつまみにもなる、優れものです。

商品名
扇かまぼこ(焼)
価格
2枚・化粧箱入り 2,558円(税込)
お店
濱辰商店
日持ち
6日

おやつ代わりにパクッと食べれます。酒直の南高梅 宝梅。

宝梅宝梅
二度漬けをして味を熟成。はちみつで仕上げているから、酸味の刺激が少なくまろやか。

言わずと知れた日本一の梅の産地、和歌山。酒直の宝梅は、和歌山の代表的な品種であり、梅のトップブランドとして知られる、南高梅を選りすぐって使っています。

特徴は皮がうすくて、果肉がふっくら厚いこと!さすがは南高梅、ちょっとかじっただけでも違いがわかります。

さらにさらに、一番驚いたのは、全然すっぱくないこと!梅のお菓子をあげるより、この梅干しをお菓子代わりに渡してもいいかも。

商品名
南高梅 宝梅
価格
180g 1,080円(税込)
お店
酒直
日持ち
5ヶ月

水にもこだわった究極のひと粒、宝梅 紀のなごみ。

紀のなごみ紀のなごみ
和紙を使った高級感あふれる外装に、何が入っているんだろうとワクワクしちゃいます。

梅干しの中でも究極と言えるのが、宝梅 紀のなごみ。

南高梅の中でも大粒のみを厳選。二度漬けするという製法はもちろん、なんと水にもこだわっているんです!使っている水は南部川の地下水をくみ上げ、さらに紀州備長炭でろ過したもの。

このこだわりが生み出す梅干しは、きめ細やかで甘み・うま味も最上級。ひと粒ひと粒和紙に包まれているから、職場のおみやげとしても重宝します。

商品名
宝梅 紀のなごみ
価格
5粒入り 1,296円(税込)
お店
酒直
日持ち
6ヶ月

有田みかんの果汁が91%も! くっきり濃厚な、味一ジュレ

味一ジュレ
鮮やかなオレンジ色が、果汁感たっぷりでしょ?
味一ジュレ
見るからにとろんとした食感は、寒天とこんにゃく粉で固めているから!

「味一ジュレ」とは、みかん専業農家7戸が集まって営んでいる早和果樹園が生み出したゼリー。

有田みかんの果汁を極限まで使うため、水は一滴も加えず…。加えているのはわずかな砂糖だけなんです!だからこそ、濃厚な果汁そのものの味わいが楽しめます。

それだけでもスゴイけど、「てまりin」の方には外皮を剥いた状態の有田みかんが丸ごと1個もかくれんぼ!果肉はやわらかく、甘すぎないから、本当にみかんを食べてるみたい。ゼリーとしてはもちろん、凍らせてシャーベットにしてもおいしいです。

商品名
味一ジュレ/味一ジュレ てまりin
価格
370円(税込)/450円(税込)
お店
早和果樹園
日持ち
6ヶ月

ビッグサイズの有田みかんが丸ごと! 大てまりジュレ

先ほどご紹介した早和果樹園で、もうひとつ気になるゼリーがこちら!

センターに位置するのは、丸ごと1個の有田みかん。そのサイズといったら、女性のこぶしくらいはありそうなくらい大きいんです!

大てまりジュレ
温暖な段々畑で育まれた完熟みかんが原料です。
大てまりジュレ
「味一ジュレ てまりin」に入っている有田みかんの2倍の大きさ!

12月以降にとれる濃厚なみかんを、冬の間にシロップ漬けして保管。夏場を中心に、ゼリーとして製造されるのだそう。

ゼリー自体は「味一ジュレ」と比べると、やや固め。みかん果汁が控えめのため、あっさりといただけます。

涼やかな見た目も、この季節にはぴったりでしょ?切り分けて家族でシェアしてもいいし、一人で丸ごと一個ももちろんイケます。

商品名
大てまりジュレ
価格
441円(税込)
お店
早和果樹園
日持ち
6ヶ月

以上、和歌山のおみやげ特集をお送りしました。

素朴だけど味わい深い逸品は、お土産や手土産にぴったりですね。

この記事を書いたのは・・・
おみやげーと編集部
常に日本各地のお土産情報をチェックしている精鋭たち。「おいしいお土産が大好き!」なメンバーが集まっています。

今あなたにオススメの記事!

特別コラボ企画!

人気の「スポット」から探す!

人気の記事!

1週間のアクセスランキング

こんなスポットも人気です!