おみやげーと|あげたくなる「お土産、手土産」が見つかる!
関西人気雑誌 Meets Regional(ミーツ・リージョナル)コラボ企画 エキマルシェ新大阪で遊ぶ!

関西人気雑誌 Meets Regional(ミーツ・リージョナル)コラボ企画 エキマルシェ新大阪で遊ぶ! <後編>


大阪の朝ごはんは、まさかの…。
大阪は寒い。関東より格段に寒い。 「これは大阪が寒いのか、今日が寒いのか」などと話していたが、この日は全国的に冷え込み、九州でも雪が降ったほど。そりゃ、寒いはずだ。 トイレで歯を磨き、簡単に身支度を整え、
どこか入ってあったかい朝ごはん食べますか。
そうだな…大阪に来たらうどんだな。朝うどん♪
うどん!?さっき食べたじゃないですか、さっきバスに乗る前に!
大阪に来たらうどん!と言うなら、なぜ東京でもわざわざ食べてきたんだ…。

そうこう言いながらも、うどんをめざしてやって来たのは新梅田食道街。味のあるお店が並んでますね。いまはまだ早朝のラッシュ時間なので、サラリーマンや学生がせわしなく行きかっている。この食堂街を通勤通学路として通り抜けるのもすごい景色だなぁと思いつつ、夜の賑わいはいかほどのものかと想像を巡らせる。

あらら、こんな魅力的なお店も!(笑) 本命のうどんは、『潮屋梅田店』さん。 ここは朝の6時台から開店していて、店内には朝うどんを求める方々ですでに満席(立ち食いですけど…)。 いまはモーニングの時間帯なのでメニューは限られている。しかし、2食続けてうどんを食べるとは…と思いながらも、実は麺類が大好きな つのっち。まんざらでもない模様。 これが朝ごはんセット。うどんとおにぎりのセットで、びっくり価格300円! なんだかんだ言ってもあっさり完食! 大阪の朝うどん、旨い!しかも安い!ああ、幸せ。大満足だぜっ!

ということで、 うどんの後は、これまた味のある喫茶店で朝コーヒー!
ここでも、朝からお酒が飲めるって、魅力的なお誘いが(笑)。

もちろんこれから仕事ですからね、コーヒーですよ。コーヒー。 こんな顔してお酒のボトルを見つめる つのっちに、
なに?もう飲みたいの??
な、なに言ってんですか。全然ですよ…。
ハンドドリップの淹れたてのコーヒー、とっても美味しかった~。
大阪のサラリーマンと一緒に新大阪駅へ。
今回の取材先は新大阪駅。高速バスで到着したのは大阪駅なので、新大阪駅まで移動しないといけません。京都線に乗ってひと駅、おみやげーと編集部のおじさん2人も、多くのサラリーマンの方々と一緒になって移動。そして、在来線改札内の『エキマルシェ新大阪』に到着しました。
新大阪駅に到着したけど、なにか忘れているような…。

新大阪駅に到着したものの、なにか大切なことを忘れているような気がする つのっち。なんだろう、なにかがしっくりこない。

『エキマルシェ新大阪』の前でヒゲメガネに写真を撮ってもらっても、なにか釈然としない。
うーん…なんだろう…。

ん?

つのっち、こっちでも写真撮るからちょっと来て。
んん!!
カメラマンって言ってましたけど、カメラ持って来てないじゃないですかっ!!
持ってるじゃん。
えっ!それスマホじゃないですか!!電話ですよ、電話!
最近のカメラはすごいよ、電話もできるんだぜ。
しっくりこない理由はわかった。つのっちは今回もダマされている。
いざ、エキマルシェ新大阪をめぐる。

『ミーツ・リージョナル』の編集の方、カメラマンの方(こちらは電話じゃない、ちゃんとしたカメラをお持ちです)と合流し、さらに『エキマルシェ新大阪』のスタッフの方と回遊を始める。
と、ヒゲメガネがなにかを思い出した。

そういえば、前回の高知県梼原(ゆすはら)町の記事の後編で、俺が一度も出てこなかったよな。せっかくの『唐がらしあんぱん』のシーンで。
そ、そうでしたね。なにもいま言わなくても…。
今回は俺もちゃんと載せてもらうからな。
などといいながらさっそくなにかを見つけたようで、
これいい!これお土産に買っていこう!!
と大盛りあがり。
(ミーツ・リージョナル撮影)
『エキマルシェ』のスタッフさんにお土産の情報をお聞きしている間も、まだ言っている。というか、うしろに写っちゃってますよ!
(ミーツ・リージョナル撮影)
こちらは、『都こんぶカレー』。珍しいからか手に取る方も多いそう。
ヒゲメガネは写真撮影しないで、試食しているし。
(ミーツ・リージョナル撮影)
『エキマルシェ新大阪』内には『チキンラーメン』のコンセプトショップ『チキラーハウス』もある。かわいらしい『ひよこちゃん』グッズがたくさん。
ヒゲメガネも一応写真をとっているけれど、片手にはアイスがしっかり握られている(笑)。 心斎橋に本店を構える『宇治園』の『ゴッタス デ 日本茶 エスペシアル 玉露(しずく)』は、伊勢志摩サミットで各国首脳にもふるまわれた一品。高級感ある手土産として、また、お酒を飲まれない方にも、ワインのように飲んでいただける人気の超高級茶。
(ミーツ・リージョナル撮影)
ヒゲメガネは「ぜひ飲んでみたい」と販売スタッフに懇願。
すいません!ご迷惑おかけしました!! そしてなんと言っても、あの『551蓬莱』の『豚まん』が並ばずに買える!もちろん時間帯によりますが、「平日の午前中はおススメ」で穴場とのこと。並ばないのは嬉しい!
(ミーツ・リージョナル撮影)
ヒゲメガネはやる気あるのか。ちゃんと仕事してくださいよ!カメラ、カメラ!!
ミーツ・リージョナルの紙面はこちら。
いまさらですが、とっても大切なお知らせを。今回のくわしい取材内容は『ミーツ・リージョナル』2018年3月号に掲載されています。もっとたくさんのお土産が掲載されているので、是非お手に取ってご覧ください。

掲載号のお買い求めはこちら。
『ミーツ・リージョナル』編集室の方々。本日はありがとうございました。またご一緒できると嬉しいです。
(ミーツ・リージョナル撮影)

そして『エキマルシェ新大阪』のスタッフの皆さま。温かいご対応ありがとうございました。

『エキマルシェ新大阪』の情報はこちら。
さて、取材も終わったことですし、東京へ帰りましょうか。
『黒門市場』に行こう。
えっ?
ヒゲメガネの大阪は、まだまだ終わらない様である。
取材が終わったおじさん2人は『黒門市場』へ。

『ミーツ・リージョナル』編集室の方や、『エキマルシェ新大阪』の方に聞いたところ、地元の方はあまり『黒門市場』には行かない模様。「行くとしたらお正月前」など季節のイベントとのこと。東京でいうところの、アメ横みたいな感じなのでしょうか。
この言葉を聞いて、なおさら行く気が増したヒゲメガネの性分は理解不能ですが、行くと言ったら行かないと気がすまないのが、ヒゲメガネ。そして、そんなヒゲメガネの行動を生温かく見つめつつも、結局連れていかれてしまう つのっち。

途中、なんば戎(えびす)橋筋を通ると、『エキマルシェ新大阪』で つのっちがおススメしていた『みたらし小餅』の千鳥屋宗家さんの店舗を発見したのでパシャ。
賑わう黒門市場で舌鼓。
そうこうしているうちに着きました『黒門市場』。 なんだか、つのっちも楽しそうになってきている。 それでも、このおっさんには敵わないが…。

さて、その『黒門市場』ってすごい賑わいなんですね!特に食べ歩きができるようで、とっても楽しそう。さっそくいただいたのはヒゲメガネ曰く「飲める」というほど柔らかい、モツ煮込み。いやー、ビールが欲しくなる味ですよ。
これは飲み物だ!
それにしても、観光客と思われる外国の方の多いこと。お店の方にお聞きしても、お客さんはほぼ外国の方とのこと。日本の古き良き香りが残るアジアンな感じがいいのかな、などと勝手に想像。 これも超絶美味しかった『爆弾ホルモン』。 もう、ビールがないと倒れてしまいそうだ…。

日本語、英語、中国語を繰り、お客さんに語りかけるスーパーお母さん。ここだと、おかんと言った方がいいのかな。それにしても元気なおかん。それにしても美味しい爆弾。
いよいよ大阪ともお別れ。
他にもすっかり写真を撮り忘れるほど夢中になって食べた『たこ焼き』など、めいっぱい大阪を楽しんだ…いやいや大阪で働いた2人は東京へ戻るコトへ。
さて、帰りのバスの時間は?と…。
俺、これからこっちの友人に会うので先に帰っていいよ。じゃね、お疲れっ!
はあっ??
ってこんな顔にもなるわ!!
おみやげーと編集部の旅はこれからも続きます!

ヒゲメガネと別れ、ひとりぼっちになった つのっちはもう一度『エキマルシェ新大阪』に立ち寄って、自分のお土産を買って帰りました。数時間前に『ミーツ・リージョナル』の編集者さん、『エキマルシェ新大阪』のスタッフさんと一緒に歩いたお店を見て回ると、その時のことが思い出されます。ただお土産を買うためだけで立ち寄ったのなら、そんなに記憶には残らないかもしれませんが、今回は取材という形でいろいろな方とお話しができたことは貴重な体験。また仕事終わりに銭湯につかって、深夜バスで大阪まできたことは思い出として残すには十分な行程です。これがセットになって『エキマルシェ新大阪』という場所が、つのっちにとってただのお土産売り場以上の場所になったことは間違いない事実です。

大阪方面に出かける方には「『エキマルシェ新大阪』に行くといいよ」と勧めながら現地のお土産の話もすることでしょう。それは価値ある経験、いい思い出があるからこそ生まれる、本心のおススメだと思います。

おみやげーと編集部は、ただお土産というモノを紹介するだけではなく、その場所に行くまでの過程やコトも『お土産話』として、大切に伝えていきたいと思っています。そのためなら、全国どこでも行きますよ。
…でも、次からはヒゲメガネに内緒で出かけることにしよう。どうやっても振り回されることになるのでひとりで出かけようと思いつつ、やはり深夜バスで…ではなく新幹線で帰ってしまった つのっちでした。

翌日の昼頃、会社で つのっちが仕事をしていると…。
たったいま、新大阪から戻ったよ~♪
おっさん昨日、帰らなかったんかい!!
おしまい。