【日本株・米国株】週足テクニカル|投資資産額

週足テクニカルのアイキャッチ画像 投資記録

スポンサーリンク


今週の日本株の値動き振り返り

今週の日経平均週足チャート
今週の日経平均週足チャート

今週の日経平均終値は25,973.85円となり、先週の終値から少しだけ値を下げています。

2022年10月に、25,500円付近で一旦底を打ち28,500円付近まで上昇をした週足の日経平均ですが、再度短期間に大きく下落をし、現在は26,000円付近に位置しています。

2022年10月に日経平均が上昇をしたことで、週足のMACDはゴールデンクロスの形を見せましたが、日経平均が再度短期間に大きな下落をしたことで、週足のMACDはほぼ横ばいのまま小さな弧を描き、現在はデッドクロスをしています。

今週はローソク足が陽線で終えたことで、週明けからの再度の日経平均の上昇を期待したいところです。

一目均衡表でも、日経平均が短期に上昇と下降を繰り返したことで、週足のローソク足が雲の上に浮上するや否や再度雲を下抜け、転換線と基準線もゴールデンクロスとデッドクロスを繰り返し、遅行線はローソク足を割り、三役転換となっています。

今のところ、2022年の年明けから変わらず中長期的には、おおよそ25,000円~30,000円の間でのレンジ相場となっています。

スポンサーリンク

今週の米国株の値動き振り返り

今週のS&P500指数週足チャートの画像
今週のS&P500指数週足チャート

今週のS&P500指数の終値は3,895.08ドルとなり、先週の終値よりもやや値を上げました。

日足のS&P500指数は、2022年10月に3,500ドル付近を底として反発し、4,100ドル付近まで上昇しましたが、現在はやや値を下げて3,900ドル付近に位置しています。

2022年10月にS&P500指数が上昇をしたことでMACDの週足チャートはゴールデンクロスをし、一旦上昇の勢いは失ったものの現在もゴールデンクロスをキープしています。

週足の一目均衡表では、2022年の5月頃以来ローソク足が雲の下を移動し低迷が続いており、遅行線はローソク足付近を移動していますが、転換線と基準線はそろそろゴールデンクロスをしそうな兆しも見えています。

4,100ドル付近まで上昇したS&P500指数が、3,800ドル付近で踏みとどまり今週は陽線を付けて終えたことで、週明けからのS&P500指数の上昇も期待したいところです。

スポンサーリンク

今週の日本株と米国株の投資資産額

日本株の保有資産評価額 46,276,360円
米国株の保有資産評価額10,832,670円
日本株と米国株の合計資産額 57,109,030円
投資資産額の前週比+220,971円
今週の日本株と米国株の投資資産額

今週の日本株の保有資産評価額は46,276,360円、米国株の保有資産評価額は10,832,670円。

それぞれを合計した、今週の日本株と米国株の合計資産額は、57,109,030円となっています。

前週の投資資産額より、+220,971円となっています。

コメント

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました